2007年05月17日

ユニバーサル検索 新デザインのサイトを披露

グーグル、「ユニバーサル検索」モデルに対応した新デザインのサイトを披露

Googleが米国時間5月16日、1箇所に多くのメディアに対応した検索結果を表示する「ユニバーサル検索」モデルに対応した新デザインのサイトを披露した。

 関連情報を1箇所で簡単に見つけられるユニバーサル検索は、Googleの競合にとっても脅威となる機能である。

 ユニバーサル検索を利用すると、ユーザーは画像、動画、ニュース、ニュースアーカイブ、書籍などを別々のページから検索せずに済む。

 例えば、「Steve Jobs」と入力するだけで、Steve Jobs氏に関するあらゆる情報へのリンクがユニバーサル検索で手に入れられるようになる。

 Googleの検索製品およびユーザーエクスペリエンス担当バイスプレジデントMarissa Mayer氏は本社で開催したメディアイベントSearchologyで「ユニバーサル検索を介して、われわれはより包括的な検索結果を示せるようになった」と述べた。

 Mayer氏はデモのなかで、「Nosferatu(吸血鬼ノスフェラトゥ)」という1920年代のホラー映画をユニバーサル検索してみせた。

 最初のユニバーサル検索結果はIMDbという映画情報のオンラインデータベースへのリンク、2つ目は実際の映画そのものへのリンクで、2つ目にリンクされた映画はウィンドウ内で再生することもできた。

 また「I have a dream」と入力してユニバーサル検索すると、Martin Luther King Jr.氏が公民権を訴えた有名な演説に関連する情報が表示され、演説が収録されたビデオも表示された。

 動画情報はビデオ共有サイトのMetacafeなど、複数の箇所から取得されていた。

 ユニバーサル検索モデルでも、ページの一番上に簡易な検索結果を表示する「Google Onebox」が採用されていると、Mayer氏は述べる。

 その後Mayer氏は報道陣に対し、同モデルのホームページにはいずれ、ビデオや画像など、テキスト以外のフォーマットも含んだ広告が掲載されるとコメントしている。

 同氏は、「常々検討してきたことだが、具体的なスケジュールは決まっていない」と付け加えた。

 Googleの共同創業者Sergey Brin氏は、ユニバーサル検索モデルの構築を通して、数年ぶりにサイトや基盤アーキテクチャを大きく改良したという。

 同氏はイベント終了後、報道陣に対し、作業が約2年前に始まったこと、検索事業に関わるリソースの半分以上がこの作業に注がれたことを明らかにし、Googleが今も進化し続けていることをアピールした。

 Brin氏は、ユニバーサル検索のおかげでこれまで「使用頻度の低かった」複数の機能の露出が増え、既に巨大なマーケットシェアがさらに拡大すると述べる。

 Brin氏は、「われわれの調査データによると、Googleは最高(の検索エンジン)であるだけでなく、業界でのリードを広げつつある」と述べる。(CNET News.com)2007/05/17 09:37



posted by ユニバーサル検索 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。